大晦日

月の終わりを晦日(30日=みそか)と言い、12月31日は1年の締めくくりとして大晦日(おおみそか)と言います。

除夜の鐘をならし、年越しそばを食べる、日本人にはなじみ深い行事であります。