節分

元々は立春、立夏、立秋、立冬それぞれの前日が「節分」とされていましたが、近年では毎年2月3日前後が「節分」と呼ばれます。

節分の主な風習としては「豆まき」と「巻き寿司のまるかぶり」。家庭では父親が鬼となり子供と豆まきをし、その後に恵方に向かって巻き寿司をまるかぶりする、という事がよく見られます。

普通の豆でなく子供向けなキャラクターものの豆などが好まれそうです。